最近の男性用下着における技術【男性用補正下着で男も美尻・美脚!】

最近の男性用下着の進歩には目を見張るものがあります。はき心地やフィット感、はたまたデザイン等々。

そのあたりをまとめた分かりやすい記事を見つけましたので、引用させていただきます。

ショウさんという方の「humangrows-style」というブログです。

今回は昨今の男性下着にみられる技術をいくつか取り上げてみた。

▼3D立体型
恐らく国内ではグンゼのBODYWILDが最初だと思うけど、高度な立体裁断技術による縫い目の出ない下着。社会の窓がないボクサーショーツによく使われる。肌にぴったりフィットし、着心地はよい。

▼吸汗速乾
夏の時期になると各メーカーからこぞって出てくる、吸湿性が優れ、さらに早く乾くというもの。特に男性は安定した精子生成能力のために、睾丸の温度を常に低く(体温より-5℃程度)保った方がよいという研究結果があり、その点についてはどのメーカーも意識が高く、年々技術の向上が著しい。

▼カンガルー・ポケット
海外下着メーカーのHOMが考え出したカンガルーポケットは、社会の窓が上下に開くという画期的なアイディア技術。俺も持ってるけど、気がつくと息子さんがポケットからいつも「こんにちわ」してる。

▼ローライズ
近年大人気の股上が浅い(へそより下の陰毛ぎりぎりのところにウエストゴムがくる)タイプの下着。これも絶妙なバランスの縫製技術を要する。見た目かっこよいが、荒っぽい洗濯を重ねるとすぐによれよれになるとても繊細な下着。

▼シースルー
シースルーの下着とは、素材が透けて肌や局部が見えることだけど、下着の場合は単に大雑把なメッシュだと肌触りが悪かったりセクシーさに欠けてしまうため、「程よくセクシーに透ける」という高度なシースルー技術が必要とされる。また最近では、下着全体ではなく、一部をシースルーにすることで個性を出しているメーカーも多くなった


ちょっと過激な表現もありますががく〜(落胆した顔)、男性用下着全般の流れとしては分かりやすいです。男性用補正下着にはあまり使われていない技術もありますが、時代は進んでいますexclamation×2

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。